【報告】第六回 定期街宣活動 新宿駅南口 2021.10.3

第6回の定期街宣活動も多数の団体または個人の方、延30名以上の方が参加されて、活発な活動となりました。

今回も国民主権党、日本と子どもの未来を考える会などの常連参加者にも数多くご参加いただきました。また、先週に引き続き小学生、中学生の親子を初め、個人の方にもご参加いただいました。

高橋清隆さん、宮原さん、アスカロビンさん、バロンさん、なおさん、まささん、など多彩な方々に演説をしていただきました。今回も小学生、中学生、母親の親子演説がありました。

特筆すべきは、身近な方をワクチンで亡くされた方の演説がいくつかあったことで、身近な人に被害が出てから気づくようでは遅いという訴えです。

長通さん、アスカロビンさんのオリジナルのノボリなどを持ち込んでいただきました。

街宣後の路上交流会も仲間の輪ができて自由に歓談を楽しみました。

反コロナ共闘委員会では、今回のように数多くの団体の方が団体名の旗やプラカード、チラシを持ち込んで自由に参加いただく活動を目指しています。

反コロナ共闘委員会では週一回の街宣活動と月一回のデモ行進を行なっていきます。

次回も、より多くの団体、個人の方が、コロナ騒動を終わらせる同じ志のもと、ご参加されますようお願いいたします!